債務整理後について

債務整理が無事に終わった後は、これまでにあった金融機関からの催促や取り立てに悩むことなく日常生活を送れるようになりますが、債務整理をした後はブラックリストに名前が入ることになるため、新規でローンを利用することやクレジットカードを発行することはできなくなるので、以前のようにお金を借りることができないということを念頭に置いた上で行動に移すことが大事です。

 

債務整理をした後はブラックリストに名前が入っていることが何らかの理由でヤミ金融業者に知れ渡ってしまう場合がありますが、ブラックリストに名前が入っている人はお金の借り入れができなくなっており、急にお金が必要になった場合に困ることから、こうした心理を逆手にとってヤミ金融はここぞとばかりにお金の貸し出しを行ってきます。

 

せっかく債務整理ができて日常生活が平穏になったのに、再びお金を借りるようなことがあれば、待つのは債務整理を依頼することもできない借金地獄なので、債務整理をしたことの責任や重さを噛みしめて新規で借り入れようなんてことは思わないようにしましょう。

 

債務整理には自己破産に限らず、任意整理や民事再生など様々な方法の債務整理がありますが、どの債務整理をする場合も基本的にブラックリストに名前が入ることは避けられません。

 

ただし、ブラックリストに名前が入っても永久的に名前が残るのではなく、一定期間が来れば除名されるので、将来に渡ってカードローンやクレジットカードが利用できないということではありません。