弁護士に債務整理を依頼する

債務整理を依頼することができる法律の専門家と言えば、昔は弁護士に限られていましたが、法律が改正されて司法書士でも債務整理を行うことが出来るようになってからは弁護士と司法書士から選択して債務整理を依頼することができるようになりましたが、弁護士と司法書士では債務整理の流れに相違があります。

 

弁護士に債務整理をするメリットと言えば、弁護士の場合は訴訟権があるため、何らかの理由で金融機関とトラブルになった場合に、債務整理の流れで裁判を請け負ってくれますが、司法書士と違って負債額に制限が無いため、どんな状態であってもどれだけ債務があったとしても弁護士は交渉して訴訟することができるようになっています。

 

また、債務整理の手続きをすると、債務整理の対象となる金融機関は取り立てや催促ができなくなるのですが、中には債務整理の手続きをすると連絡を入れたにも関わらず、執拗に取り立てや催促をしてくる金融機関がありますが、弁護士に債務整理を依頼していた場合は法的な交渉によって強制的に辞めさせることができます。

 

弁護士なら誰に頼んでも債務整理の手続きを請け負ってくれそうな気がしますが、弁護士には得意としている分野と不得意にしている分野があるので、弁護士に債務整理の手続きを依頼する場合は債務整理を得意としている弁護士に依頼をして取引を進めていきたいところですが、そのためには借金問題を専門で取り扱っている弁護士を探しましょう。