債務整理の大まかな流れを知る

債務整理をするタイミングというのは悩むところでもありますが、少しでも借金が返済できないと感じるようになったら、早めに法律相談ができるところで法律相談することをおすすめしますが、無料相談でも十分に相談をしてアドバイスを受けることができるので、自治体が開催している債務整理の相談会や法律事務所が開催している債務整理の相談会などを利用すると良いでしょう。

 

債務整理の相談が終わると、法律事務所から何らかのアドバイスを受けることになると思いますが、過払い請求や借り換えローンによる借金問題解決が難しいようであれば、債務整理を勧められると思うので、後は自分の債務の状況や収入の状況に応じて債務整理の種類を検討していきましょう。

 

債務整理の大まかな流れとしては、債務整理を法律事務所に依頼すると必要な手続きに移りますが、この段階でお金を借りている金融機関からの取り立てや催促は無くなるので、特に借り入れが多かった場合はなるべく早めに債務整理の手続きをして取り立てや催促を止めてもらいましょう。

 

それが終わると債務整理に向けた手続きに入ってきますが、基本的に債務整理の手続きは依頼した法律事務所が進めて行ってくれるので、依頼者側は法律事務所から何らかの指示が無い場合はそのまま日常生活を送ったので問題ありません。

 

後は法的な手続きが終わると債務整理の完了となり、必要に応じて借金の返済などや自己破産後の準備を進めましょう。