民事生成による債務整理について

債務整理を検討する場合に、通常は債務の状態や収入の状態から適した債務整理を選んで行くのが普通ですが、任意整理では借金整理が難しいものの、自己破産をするほどの債務でも無いという場合は、どちらの債務整理を選択するか悩むところだと思いますが、ここは間を取って民事再生と呼ばれる債務整理がおすすめです。

 

民事再生というのは自己破産のように借金を帳消しにする債務整理ではなく、借金の一部を減らしてもらって、それでも完済を目指すということで、自己破産のように返済の意志が無い債務整理ではありませんが、任意整理と違って法的な手続きが必要になるので、手続きの面から考えると自己破産寄りで、債務整理の内容から見ると任意整理寄りと言えます。

 

このように、民事再生は自己破産と任意整理のデメリット部分を補完するように作られた債務整理の一つで、すべての債務整理の中において歴史が浅い債務整理となっていますが、民事再生の場合は財産が没収されることも無いので、その点では安心して債務整理をすることができるようになっています。

 

ただし、民事再生の場合は借金を完済することが目的となっているので、安定した収入が無い場合は完済できないと判断されるので民事再生による借金問題解決は難しくなってきます。

 

また、任意整理と違って裁判を必要とする債務整理なので、民事再生をする場合は任意整理をする場合と違って費用が余分に必要になってきます。