自己破産をするデメリット

自己破産をすることによって、これまでの債務を帳消しにすることができますが、この自己破産は債務整理の中で最も借金整理がスムーズに進む方法である一方、自己破産をすることによる罰則もかなり受けることになるので、自己破産を検討している場合はこうしたデメリット部分に対して十分に知った上で検討を勧めたいところだと思います。

 

自己破産という債務整理は他の債務整理と違って最初から借金を返済するつもりが無い債務整理で、これまでに自分の不注意や無計画な借り入れによって、たくさんの債務を抱えてきたとしても、それを無かったことにできるのが自己破産という債務整理ですが、これに対して何の罰則も無いと全員が自己破産をしてしまうような仕組みが出来てしまうため、自己破産に罰則を設けて自己破産をする人を間接的に減らしています。

 

なので、自己破産をするということは、たくさんの借金を抱えてしまっているという状態になってきますが、自己破産をすることのデメリットの一つとして住宅を失ってしまうということで、当然ながら住宅は高額な財産になるので自己破産をして所有を続けることはできません。

 

また、車も没収の対象となっていますが、それに限らず預貯金や株などの財産も自己破産によって失うことになってしまい、手元に残るものと言えば資産価値が無いものばかりとなりますが、再起を図るという意味ではすべてを失ってからの方が再起する環境には良いのかもしれません。