任意整理で可能なこと

債務整理には三つの債務整理がありますが、その中でも債務の状況がそこまで深刻ではない場合に適用される債務整理が任意整理で、任意整理は借金を完済することを目的としている債務整理なので、任意整理による債務整理をしたところで受ける罰則はブラックリストへの名前入りくらいしかありません。

 

ブラックリストに名前が入るとカードローンやクレジットカードの利用ができなくなるものの、言い換えれば借金ができない環境になるということなので、債務整理をするに至った過程を考えた場合にブラックリストに名前が入って新規の借り入れができなくなるというのは考え方によってはメリットとも言えるでしょう。

 

任意整理は借金を返済し易い状況を作るという債務整理なので、任意整理の流れとしては、金融機関に任意整理の交渉をして、返済方法を見直し、借金の総額や現在の収入に応じて可能な返済プランに変更するということですが、返済方法を変えるくらいで借金問題が解決する場合はわざわざ法律の専門家に依頼しなくても、借り入れている金融機関に相談することで対応してもらえる場合がほとんどです。

 

ただし、借金の返済が遅延してしまっている状態になっていると金融機関からの催促も増えてくると思うので、この場合は自力での借金問題解決は難しくなってくると思いますが、この場合は任意整理という債務整理をすることによるメリットが高くなるため、債務整理に向けた計画を立てていきましょう。