どうしたら払い過ぎたお金が返ってくるか

カードローンやキャッシングを利用したことがある場合に、払い過ぎたお金がある場合は過払い請求によってお金を取り戻すことができると言われており、これによって検討していた債務整理をしなくても借金問題を解決できる場合がありますが、払い過ぎたお金があるからと言っても、どのように請求したらいいのか分からない人がほとんどだと思います。

 

これまでにカードローンやキャッシングを利用した際に発行される取引明細書をすべて大事に取っている場合は過払い金を自分で計算して金融機関に請求することができますが、証拠が多ければ多いほど金融機関側は言い逃れができなくなるので、払い過ぎたお金が戻ってくる可能性が高くなることに加えて、自分で過払い請求をした際の成功率も高くなります。

 

しかし、カードローンやキャッシングの取引履歴の証拠が無い場合は交渉に必要な物が無いので、自分で払い過ぎたお金を取り戻すことは難しくなってきますが、その場合は法律事務所に依頼することでカードローンやキャッシングの取引履歴が分からなくても払い過ぎたお金を取り戻すことが出来る場合があります。

 

これは金融機関でカードローンやキャッシングを利用したことがある場合はその履歴が信用機関と呼ばれるところで保管されていて、法律の専門家はこれを照会することができるため取引履歴が無くても交渉できるのですが、できれば過払い請求の経験が多いところに依頼することをおすすめします。