払い過ぎたお金が戻ってくる理由

キャッシングやカードローンを利用して借りたお金を返すことが困難になってしまい、債務整理を検討している場合は債務整理をする前に払い過ぎたお金が無いか確認することをおすすめしますが、債務整理をしないでも払い過ぎたお金がある場合は借金問題が解決する場合があり、債務整理のようにお金を借りている金融機関に対して迷惑をかける方法では無いため、ブラックリストに名前が入る可能性もほとんどありません。

 

払い過ぎたお金というのはグレー金利と呼ばれる金利でカードローンやキャッシングを利用してお金を借りていた場合のお金ですが、昔は上限金利という定義が曖昧だったこともあって、消費者金融やクレジットカード会社を中心に違法金利での貸付を行っているところがありましたが、これではいけないということで国が上限金利を設定し、違法な貸し付けを制限するようになりました。

 

そこで、これまでグレー金利で借りていたお金を一定条件下で取り戻すことができるようにしたというわけですが、法律をきちんと守っていた消費者金融やクレジットカード会社は払い過ぎたお金を請求されることがありません。

 

法律を無視して高金利で貸し付けて美味しい思いをしていた消費者金融やクレジットカード会社に対しては罰則の意味も込めて、払い過ぎたお金を請求することができるような制度になっているのですが、払い過ぎたお金を取り戻す場合は時間制限もあるため注意が必要です。