住宅ローンの利用と債務整理

住宅ローンの金利は低くなっていることに加えて、増税などもあったので増税前に住宅購入の駆け込み需要がありましたが、いくら金利が低くなっているとは言っても、住宅を購入する場合は数千万円の買い物になるので、毎月にかかってくる負担はかなりのものになってきますが、借り入れ年数も30年を超えることが珍しくないため、長期にわたって住宅ローン返済の負担がかかるようになります。

 

住宅ローンは申し込みをした時の収入や借り入れ状況などから判断して審査が進んでいきますが、その審査にクリアして住宅ローンが利用できるようになっても30年間仕事が変わらないという保障は無く、仕事を辞めてしまって収入が大幅に減ってしまうことも十分に考えられます。

 

これによって住宅ローンの返済が困難になってしまい、債務整理になってしまうというケースは少なくありませんが、住宅ローンを利用している場合は変動金利でお金を借りている人も多いと思うので、住宅ローンの金利が上がることによって毎月の負担が増えてしまうことによって借金が返せなくなってしまうパターンもあります。

 

ただし、住宅ローンの場合は長期ローンになるため、もちろんローンの返済途中で一時的に収入が落ち込んでしまい、借金が返済できなくなることがあるということも想定しているので、債務整理をする前に金融機関に相談をすると返済回数や一時的に返済を止めてもらえる場合があるので、まずは金融機関に相談をしましょう。