連帯保証人による債務整理

最近のカードローンやキャッシングは利用するにあたって保証人が不要で利用できるところが多くなっていますが、それでも保証人が必要なローンはたくさんあるため、こうしたローンを利用しているということは、知人に頼んで保証人になってもらったのだと思いますが、保証人がいる場合は債務整理をすることによって保証人に迷惑をかけてしまう場合があります。

 

債務整理をすることで借金が整理されることになりますが、金融機関側は本当なら返ってくるはずだったお金を回収するために、次は保証人に対して借金返済の要求をするようになります。

 

保証人からすると自分で借金をしているわけではないのに他の人の借金を返済しないといけないということは理不尽だと思かもしれませんが、保証人になるということはこういうケースもあるということを想定した上で保証人になる必要があります。

 

債務整理の中で最も厄介なのが自己破産をした時ですが、任意整理や民事再生については借金の一部の返済を免除してもらったとしても、借金を完済することを目的としているため、保証人にかかる負担というのはあまりありませんが、自己破産に関しては借金の全部を免除してもらう債務整理なので、すべての債務が保証人にかかるようになります。

 

そのため、自己破産を検討している場合は事前に保証人に相談をして、仮に自己破産をするのであれば、連帯保証人と一緒に自己破産をするという方法が望ましいでしょう。