債務整理をすることによる欠点

テレビコマーシャルやラジオコマーシャルなどで、法律事務所が借金問題解決方法の一つとして債務整理を勧めている場合がありますが、債務整理をすることによって金融機関に返済できなくなっていた借金の問題を解決することができるようになっていて、債務の状況に応じて柔軟に債務整理の方法を変えることができるようになっています。

 

債務整理は借金問題が解決するというメリットがありますが、本来なら消費者金融や銀行にローンの申し込みをする場合に、借りたお金に対して金利を付加させて返済するという約束の下でお金を借りているので債務整理をするということはその約束を破るということになりますが、約束を破ったままでは皆が債務整理をするようになるので当然ながら金融機関側としては債務整理される代わりに何らかの罰を与えることになります。

 

この罰についてはそれぞれの金融機関によって異なっていますが、あまり直接的な罰を与えることはできないので、大体の場合はブラックリストへの掲載や一部財産の差し押さえとなっており、執拗な取り立てや催促は法律で罰を受けることになるので、このように金融機関側から圧力を受けることはありません。

 

債務整理をするには時間がかかるというデメリットもありますが、これは裁判所を通した手続きが必要になるケースがあるためで、特に民事再生や自己破産の債務整理になると債務整理の手続きにかかる時間はかなりの長さになってきます。